バリアブル印刷って何?どんな仕組みで印刷するの?どこに頼めばいいの?

印刷物にはすべての内容が同一の一般的な印刷物と、デザインは同一ですが、一部分だけ一枚一枚内容が異なるバリアブル印刷(可変印刷)があります。
バリアブル印刷とは何なのか?通常の印刷物とはどう違うのか、またそれによりコストはどうなのかをこの記事を参考にしてもらえたらと思います。

バリアブル印刷だと何が出来るの?

バリアブル印刷を使えば、通常の印刷物と違い、一枚一枚情報を変える印刷物を作成することが出来ます。

ハガキ等の宛名印刷やチケットのナンバリングが以前から一般的に目にするバリアブル印刷になります。

また、近年はWebシステムやアプリと一緒に使う事で、キャンペーン施策などの登録時に、手を煩わせずスムーズに登録してもらうために、個別のQRコードを印刷して配布するシーンが多くあります。

例えばイベントのフライヤーに抽選参加用のシリアルコードや個別のQRコードが印刷されている印刷物だと、抽選内容の告知に加え、イベント参加者のスマホ等を利用して抽選に参加・登録までの用途を実現することが出来ます。

今まで、同一内容の印刷物で、抽選会などのイベント告知のみだった用途が、バリブル印刷を活用することで、印刷物を有効に使うことが出来ます。

バリアブル印刷の用途例

DMや招待状

DMやハガキの宛名印刷

日頃よく目にするDMやハガキの宛名は、代表的なバリアブル印刷です。宛名の下にある細長いバーコードはカスタマバーコードと言って、郵便局を使う場合、諸条件をクリアすると郵便代金が割引になるサービスに使用します。カスタマバーコードも宛先の住所と連動して、バリアブル印刷になっています。

イベント入場チケット

入場チケットのナンバリング・座席番号の印刷

イベントチケットに印刷してある個別のナンバリングもバリアブル印刷です。
チケットによっては単純な連番だけではなく、イベントホールの座席番号をそのまま印刷する場合や、座席によって金額が変わる、また数日間に渡るイベントで、日時が違うチケットなどもあります。

オンラインWeb抽選券

抽選券や地域振興券(個別QRコードで専用サイト・アプリ等にアクセス)

システムに読み込ませるためのバリアブル印刷という切り口では、QRコードをスキャンできるモバイルデバイスの普及に伴い、より活用の幅が広がっています。
例えば、個別のQRコードが印刷されたショッピングモールの抽選参加券や特典サイトにアクセスするためのカードなどがあります。また最近では自治体の地域振興券で、従来のチケット冊子形式に代わって1枚のカードで配布するタイプも見られます。

バリアブル印刷の仕組み

バリアブル印刷は通常の印刷と違い、デザインデータに加えてバリアブル印刷用のデータベースが必要になります。

ナンバリングやユニークIDのバリアブル印刷の場合

アドビイラストレーターで作成したAiデータやPDFをデザインデータとして準備します。
ナンバリングが連番の場合は開始番号と終了番号と印刷部数を通知すれば対応できます。
ユニークIDの場合はバリアブル印刷用データが必要になります。その場合はデザインデータとバリアブル印刷用データの2つを入稿する必要があります。

デザインとバリアブルデータ

必要なデータ

  • デザインデータ(イラストレーター等で作成された固定部分のデータ)
  • エクセルやCSVで作成したバリアブル印刷用のデータベース

    豆知識
    単純な連番の場合はデータベースの作成・入稿は不要な場合が多いですが、
    その場合でも 00001~01000 のように開始と終了番号、桁数を通知するのが間違い防止になります。
    また、開始を1000からと指示される場合がありますが、その場合は1000枚だと終了が1999になります。
    2000を終了の番号としたい場合は1001が開始番号です。ご注意ください。

QRコードやバーコードのバリアブル印刷の場合

QRコードやバーコードをバリアブル印刷する場合も画像データではなく、データベースで準備してもらう場合が多いです。印刷会社としては画像データよりデータベースの方が、ハンドリングが段違いに楽です。

デザインとQRバリアブル印刷

印刷会社は2つのデータを専用ソフトやプログラムを使って合成して、バリアブル印刷をします。

バリアブル印刷から納品までの注意点

バリアブル印刷のコスト

工程が通常の印刷に比べて多く、また1枚1枚過不足があっては絶対ダメと言う条件があります。また、専門知識が必要な部分もあるため、バリアブル印刷を扱っていない印刷会社も多くあります。そのような状況からどうしても通常の印刷物よりコストが高くなってしまいます。
作成する印刷物の仕様にもよりますが、通常の印刷物より5割から仕様によっては10割くらい高くなることも考えられます。

印刷サイズが大きいほどコストが上がるので、印刷物を2つに分けて小さいサイズの印刷物やシールなどで代用できるかなども一考の余地があると思います。

バリアブル印刷が得意な印刷会社

通常の印刷物(同一内容の印刷物)は印刷会社のフォーマットに添ったデザインデータと納品先情報があれば良いです。

バリアブル印刷の場合はデザインデータとバリアブル印刷用のIDやURL・データベースが必要です。また、デザイン上にバリアブルデータをどのように配置・表示するかの指定も必要になります。

単純なナンバリングでしたら相談等しなくても対応が出来る印刷会社も多いと思います。
ただしバリアブル印刷の箇所が多い場合など、いつも依頼している印刷会社が対応できるのか不安があったり、IDデータ自体の作成を印刷会社に依頼したいとなると、バリアブル印刷に慣れていて、得意分野としている印刷会社が安心です。

バリアブル印刷が得意な印刷会社は、過去の受注実績から、バリアブル印刷物の使用目的の想定がある程度出来ています。
実績からアドバイスすることも可能で、依頼者の不安や不明点を解消してくれるでしょう。

印刷会社が所有しているバリアブル印刷の専用ソフトだけでは対応できない複雑な要件でも、カスタマイズしたプログラムを使って対応できる場合もあります。
また、必然的にメールや電話でのやり取りが必要になる場合が多くなるので、そのようなきめ細かい対応が問題無く出来る印刷会社に依頼しましょう。

(90)

ご相談・お見積もりご依頼は下記よりお気軽にどうぞ

お電話のお問合せもお気軽にどうぞ03-6267-7036受付時間 9:00-18:00 (土・日・祝日除く)

無料ご相談・お問い合わせ 24時間365日受付・翌営業日までにご返答