徹底解説!QRコードで印刷物の効果測定をする方法 - クルクルManager編 -

Google社が提供するユニバーサルアナリティクス(以下UA)でQRコードを使い、効果測定をする方法を以前紹介しました。 -> 記事はこちら

しかし、UAは2023年7月からデータ処理が出来なくなるため、代替手法として、別サービスであるクルクルManagerを使った方法を紹介します。
こちらの方法を使えば、UAと同じく、どの印刷物(またはメディア)から経由されたアクセスなのかが一目でわかるため、チラシ等の印刷物からWeb流入への効果測定として活用が可能です。

こちらの記事では具体的な手順を紹介します。

パラメーター付きQRコードの準備

Campaign URL Builder を使う

UAと同じく、印刷物ごとにQRコードを別に作る必要があります。ただし、クルクルManager内にはパラメーター付きURLをQRコード化するサービスは無いので、UAの記事と同じく、キャンペーンURLビルダーを使います。

内容は「効果測定記事 UA編」から「1.パラメーターを設定したURLを作成する」を参照して下さい。

クルクルManagerの設定

作成したURLをコピペしてQRコードを作成する

クルクルManager https://m.qrqrq.com/ にアクセス

作成したパラメーター付きURLをペーストします。
ここでは https://www.takayama-dp.com/variableprint/?utm_source=QR&utm_medium=saleDM&utm_campaign=200731

アクセス解析スイッチをON(緑)にします。またアクセス解析方法はリダイレクトにします。

作成ボタンを押すと、下図のようにQRコードが作成されます。
印刷物を専門業者に外部委託する場合は、サイズオプションから設定したうえでQRコードをEPS形式でダウンロードすることをおすすめします。

クルクルManagerでのQRコード作成手順について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

失敗しないQRコード作成

QRコードを読み取りテストして、アクセスを確認する

QRコードを実際にスマホ等で読取テストをします。下右画像のように、アクセスされたらカウントされることを確認します。

クルクル アクセスなし
クルクルアクセスあり

ログインについて

こちらのサービスはログインしなくても使用できますが、ブラウザのcookieが消えると情報が消えてしまうので、アカウント登録・ログインしてからの使用をおすすめします。

ログインすることで、下図のようにQRコード一覧からアクセスを確認できるので、チラシ経由・DM経由・ショップカード経由・駅前ポスター経由など、複数のQRコードからのアクセスを一覧で確認することが出来ます

それぞれのQRコードにはタイトルも付与できるので、複数設定した場合もすぐに分かります。

まとめ

クルクルManagerを使えば、URLを準備するだけで簡単に経由印刷物ごとのアクセス解析を行うことが出来ます。Googleアナリティクス(UA)のようにコンバージョンまでは計測出来ないですが、どの印刷物が効果的だったのかを計測するには十分な機能であると言えます。

チラシなどからWEB流入への効果測定がしたいけど、どのようにやってみたらよいのかお悩みの場合は、こちらの記事を参考に、配布や掲示する印刷物の種類分のQRコードを作って差替えるだけで出来るので、ここから始めてみるのはどうでしょうか?

また、店舗IDによって印刷物のQRコードを差替えたいといった場合は、店舗数によってはバリアブル印刷が活用できます。その場合はぜひ当社へご相談下さい。


投稿者

東京営業所長 あいだ
東京営業所長 あいだ
1999年入社時は当時貴重なMacに触れたくてDTPを担当、その後本社地区の営業担当を経て、2005年からは東京営業所長。
バリアブル印刷には初代オンデマンド印刷機導入時より、20年近く携わっており、専門分野としてあれこれ知識を貯めました。
お客様からの課題解決のため、社内で知恵を絞って対応しています。

プライベートでは1人息子と父子キャンプを楽しんでいます。
(18)

ご相談・お見積もりご依頼は下記よりお気軽にどうぞ

お電話のお問合せもお気軽にどうぞ03-6267-7036受付時間 9:00-18:00 (土・日・祝日除く)

無料ご相談・お問い合わせ 24時間365日受付・翌営業日までにご返答